ホスティングとレンタルサーバーはNeXtWEBでキマリ! ホスティングサービス専用コントロールパネル ユーザ専用
メニュー
ホスティングサービスお申込み 各種
お申し込み
ホスティングサービスお問い合わせ 各種
お問い合せ

サーバーホスティングならネクストウェブ

ドメインルール
↓希望ドメイン名を入力
ドメインルール
色々な素材を使って表現することができるのも、
インターネットコンテンツの大きな魅力のひとつ。

コンテンツとは元々箱等の中身や書籍等の目次を指す言葉ですがインターネット関連では主ネットワークで提供される動画・音声・テキストなど「情報の内容」を意味します。コンテンツの中でも特に中心/目玉になるようなコンテンツを「キラーコンテンツ 」と呼びます。そしてここではコンテンツとは「ホームページの内容やそのものを指す言葉」として使っています。

コンテンツを作り始める前にまず「どんなコンテンツにしようか」を考えましょう。出来れば紙に書き留めるとよいでしょう。絵でも文字でも構いません。箇条書きでもメモ程度のモノでも構いません。書き留めていく中で不要なモノ、必要なモノ、足りないモノなどがきっと見えてくるはずです。書き留めて一度アタマの中から外に出す事で客観的に考えを見直す事が比較的簡単に出来ます。特に時間が経った後に見てみると全く違う意見や考えが出てくるモノです。まずはこの「アイディアスケッチ」を行ってみてください。
次にアイディアが纏まってきた時点で「素材」について考えます。素材が無ければコンテンツは出来ません。あらゆる素材を集めてみます。集まった素材を眺め、まず最初にキラーコンテンツを組み上げるのに必要なモノを選択していきます。キラーだからといって特に意気込む必要はありません。「一番いいたいこと/みせたいもの/つたえたいこと」が「キラーコンテンツ」だと思えばいいのです。つまり「テーマ」です。

コンテンツの内容も決定し、素材を集め整理し終わったらいよいよコンテンツ制作に入ります。

「コンテンツ制作プロダクション(=ホームページ制作や各種コンテンツ制作を仕事とする会社/企画やデザインやHTML組み上げなど各分野のプロフェッショナルが集まってプロダクションとして制作を行っている)」に依頼する場合は前項までに行ってきた中で纏まったモノを伝える事が大切です。
コンテンツ制作プロダクションは技術や経験を持っていますので、最新の技術や見かけの美しさにとらわれてしまいがちですが、「テーマ」が合っていなかったり無かったりしたら全く意味のないモノになってしまいます。外注はあくまでも自分の代わりに制作してくれる代行者であるという認識で向き合うのがよいでしょう。
ワカラナイことや知らないこと、知りたい事はどんどんプロダクションの人に相談していきましょう。特に「どんな事がやりたいのか」を説明し「一番いいたいこと/みせたいもの/つたえたいこと」が伝わっているかどうかを確認するようにしましょう。

ご自分で作成する場合は制作に没頭しすぎて「テーマ」を忘れてしまわないように注意しましょう。

次にコツですが、常に「ユーザの視線で捉える事が大事」です。例えば動きのあるFlash等でイメージだけを伝えようとしたコンテンツの場合。一番最初に訪れた時は確かに面白く見とれてしまうかも知れませんが、2回目以降は邪魔に知ってしまうかも知れません。
しかしFlashを使って商品の機能を動きで表現した場合はどうでしょう。ユーザにとってみれば紙のパンフレットよりもはるかに判りやすい説明となるはずです。コンテンツを判断する際にユーザの視点で見てみる事が大切なのです。必要か必要でないか。よいコンテンツかどうかの判断はユーザがどう感じるかを常に意識する事が大切です。


ホームページコンテンツを作成するために何が必要なのでしょうか。必要なソフトウェアの代表的なものをご紹介します。

■ HTMLコーディング
ホームページはHTMLで作成されています。HTMLを組み上げる事を「コーディング」といい、コーディングは文章の書ける「テキストエディタ」さえあれば出来ます。いわゆる手書きとなります。手書きの場合はHTMLの命令コード「TAG(=タグ)」を知っていないといけません。最近ではHTML/ホームページ作成ソフトの性能や機能が上がってきていますのでそれらを使うのもよいでしょう。タグを知らなくても直感的にデザイン/レイアウトができます。

■グラフィック
ホームページに画像を貼り込みたい場合、内容によって作り方は変わってきますが、基本的に「画像を編集する」「画像を新規で作る」の2種類に分ける事ができます。前者で代表的なソフトは「Adobe Photoshop」、後者で代表的なソフトは「Adobe Illustrator」です。
*もちろん他のソフトウェアでも充分機能を持っているモノもあります。

□デジカメの画像
デジタルカメラの普及により一番多いニーズではないでしょうか。これには「画像を編集するソフト」を使用します。最近ではカメラに付属してある場合もあります。デジタルカメラで撮影した画像の場合、サイズが大きすぎたり解像度がよすぎたりする場合が多いため、画像データを修正し、ホームページ用にレタッチ(写真・オフセット製版などのフィルム、また絵画などに加筆や補筆をする修正/修整)を行わなければならない場面が多いようです。インターネット上で無意味に極端に大きなデータはユーザに嫌われる傾向があります。
もちろん大きなデータはそれだけ鮮明な画像表現が可能なので、その辺を考慮しながら画像データを作成していきます。
□スキャニング
パンフレットの画像やロゴマーク等々で取り込む場合でも「画像を編集するソフト」は必要です。取り込む装置は「スキャナー」といい、ちょうどコピー機の要領で画像をデジタル化します。取り込む際は実際に使用する大きさよりも大きく、解像度もより鮮明なサイズにして撮っておくとよいでしょう。一般的にWEB用としては72pixels/inch程度の画像を使用します。印刷用としては300〜350pixels/inch以上が望ましいでしょう。
□デジタルデータ
ロゴマーク等のデザインでよくAdobe Illustratorを使います。このソフトはAdobe Photoshopへの連携・変換が簡単なのですぐにWEB用データが作成できます。説明用イラストや各種図形の作成もイラストレーターで作成しWEB用のデータに最適化しつつ変換します。イラストレーター以外の他のソフトで作成したデータも保存形式によってはPhotoshopで開くことができます。

■動画

□GIFアニメーション
GIFアニメーションとは複数枚のGIF画像をソフトでひとつのファイルにしてちょうどパラパラマンガのように画像を切り替えるやり方です。バナー広告の殆どはこの手法です。比較的簡単にできますが、1ファイルでも実は動きの分だけ画像をたくさん使用しますのでファイルとしては重くなってしまいます。
□Flash(=フラッシュ)
Adobe社の動画作成ソフト/ソフトで制作したコンテンツの事を指します。Flashは動画・音声・クリックなどによるアクション等が簡単なものから高度なものまで作成できるソフトで、その再生には「プラグイン」と呼ばれる拡張機能をブラウザにインストールする必要があります。Flashを制作するソフトウェアは有料ですが、プラグインは無料で配布されています。GIFアニメーションに比べデータ量が非常に小さいにもかかわらず複雑な動きや音声等を扱えるので広く普及しています。
□ムービー
ムービーには様々な形式が存在します。QuickTime・MPEG・RealMovie等が代表的なムービー形式です。それぞれは別々のムービーですので各自専用の再生用プレイヤーが必要です。中にはムービーデータの全てをダウンロードするのではなく、少しづつダウンロードしながら同時に再生を行う「ストリーミング」と呼ばれる方式に対応しているものもあります。

■その他
色々な方法でWEBに展開できるツールがありますので検索サイト等を利用して探してみてください。

戻る
次へ
トップ ホスティングサービス[NeXtWEB]